小4の壁

株式会社 輝育カンパニー

0942-80-4615/(FAX)0942-80-4617

〒838-0143 福岡県小郡市小板井325-1(本部事務所)

[受付時間]平日:10〜17時(木曜定休日)

lv

小4の壁

輝育塾ブログ

2022/02/12 小4の壁

当社が運営する民間学童保育「輝育塾」には小学1年生から6年生の生徒さんが在籍しています。

その9割以上が小1の初めから通い、毎日宿題をやったり国語、算数の学習をしたり、英会話を習ったりしながら過ごしています。夏休み等の長期休みにはディキャンプ、工場見学等の校外活動や工作、科学実験、調理等の室内活動でいろいろな体験をします。

このように小学生時代を過ごす子供たちの成長を見守り続けるのが当施設スタッフの仕事です。子どもたちの成長に関わっていけるので、そこがとてもやりがいを感じるところでもあります。

その成長の過程の1つに「小4の壁」といわれる時期があります。

ひとつめは、9~10歳ぐらいになり物事をある程度客観的に見れるようになることで、自分自身を他人と比較して悩み始める「情緒面の壁」です。

当施設の子供たちも4年生になると、それまで無邪気に話しかけてくれてた子が急に無口になったり、冷めた態度を取るようになったりします(特に女の子にその傾向がみられます)。しばらく時間が経ち、その壁の時期が過ぎるとまた元のように話してくれるようになるのですが、その期間はその子に対し結構気を使いながら接しています。

もうひとつは、学習において難易度がアップすることによる「学習面の壁」です。例えば算数では小3までに習得した足し算・引き算・かけ算・わり算の基礎学力を基に思考力、判断力、表現力が求められるようになり、文章問題や図形問題が難しくなります。

ここで躓くと勉強に苦手意識が出来、学習する意欲が下がります。

このモチベーションの低下は後々響いてきます。小学校を卒業し、中学に上がると科目も学習量もぐんと増えますのでそれから取り戻すのは大変です。

この「学習面の壁」に対しては、当施設の場合低学年の時期にしっかりと基礎学力を着けさせる取り組みを行っているので問題になることはありません。

当施設では小1の頃から毎日きまった時間に学習する習慣をつけさせます。

国語、算数の基礎学習、英語に慣れ親しむレッスン、読書の推奨など学年問わず生徒全員で行います。

この習慣づけがとても重要で、この取り組みにより生徒は日々当たり前のように宿題を片付け、テキスト学習に取り組むため、自然と基礎学力はついてきます。

よって小4になっても「壁」を感じることなくスムーズに学習を進められます。

手前味噌ではありますが、当施設を卒塾した生徒に中学以降、良い成績を維持できる子が多いのも、毎日の習慣の中に「基礎学習への取り組み」があることが要因になっていると自負しております。

 

point-blur_20200312_142756

 

塾長 川上

 

 

 

__________★__________

(株)輝育カンパニー
福岡県小郡市小板井325-1
TEL:0942-80-4615
FAX:0942-80-4617
受付時間 平日:10~17時
事業内容 民間学童、子供プログラミング教室

子育て支援 学童ハウス 輝育塾 筑紫教室
REED\’s BASE 筑紫野BASE
福岡県筑紫野市筑紫駅前通1丁目21
クローバービル壱番館101
TEL&FAX 092-926-7222

子育て支援 学童ハウス 輝育塾 春日教室
REED\’s BASE 春日BASE
福岡県春日市小倉2丁目149-1
サンヒルズ小倉101
TEL&FAX 092-502-3275

子育て支援 学童ハウス 輝育塾 太宰府教室
REED\’s BASE 太宰府BASE
福岡県筑紫野市二日市北2丁目12-3
レナジア二日市201
TEL&FAX 092-929-6601

TOP